タカのヒトリゴト

とある男子大学生が趣味や日常のことについて書き綴ります

ポートレートがやりたくて

写真も趣味の1つでしてね。

 

カメラを使うようになったのは小学生の低学年くらいだったかなぁ。

 

あ、もちろん自分のカメラではありませんよ笑

 

f:id:rs10th:20160714092037j:image

 

こんな感じのカメラがあったの覚えていますか?

 

今ではすっかり見かけなくなりましたが。

 

そう、インスタントカメラです。

 

ズームもできなきゃフィルムなので撮った写真も確認できない、ギーコギーコフィルムを回して撮るだけの、本当にシンプルでチープなカメラですが、当時はこれを買ってもらうのがうれしくて笑

 

ピンボケ写真とか、わけがわからないような写真をたくさん撮ったけど、カメラって楽しい!ってことに気づいた最初のきっかけが、このインスタントカメラなんですね。

 

僕にとってはかけがえのないものです笑

 

その頃から僕はずっと「風景写真」というものを撮ってきました。

 

写真の対象を「生きているもの」に向けるということを知らなかったのです。

 

そして今。

 

念願のMy一眼を手に入れたり、自身の写真をSNSにアップするようになったり、それに伴って写真が趣味の人と繋がったり、色んなことをしているうちに知ったのが

 

ポートレート

 

ポートレートとは、人物を写した肖像または写真のことです。

 

これまで風景写真(たまに乗り物)ばかりを撮ってきた僕にとって、人を写すというのは未知の世界でした。

 

だから、最初はもちろん抵抗があったんです。

 

でも、色んな人のそういった写真のを拝見しているうちに、「同じ人を写しても、表情や背景によってこんなにも伝わってくるものが違うだなぁ」と思い始めて、僕も撮ってみたいと思うようになりました。

 

ただ問題が被写体。

 

人を写すんだから、もちろん写される人がいないと始まらないですよね笑

 

でも、なかなか僕の周りには写真好きの人が少ないから声掛けづらいし、かと言っていきなり公式の場とかフォロワーさんを写すのも無理だし、男友達を撮りまくってるのはホモに思われるしw

 

あと最近、被写体役もやってみたい欲望が。。

 

なかなかうまくいかないものですね。

 

「ねーねー、俺・私のトプ画撮影してよ〜」くらいの感覚で練習させてくれる人いないかなぁ。。笑

 

 

*おまけ*

写真を不定期で投稿している僕のTwitterアカウントがあるので、よかったら覗いてみてください笑

http://twitter.com/picture_1029