タカのヒトリゴト

とある男子大学生が趣味や日常のことについて書き綴ります

スポーツカーをレンタルして日帰り温泉旅に行ってみた

先週の月曜日にこと。

 

月曜日、つまり10月10日は体育の日で祝日でしたよね。

 

でも僕の通っている大学は授業がありました。

 

都内の大学は、わりと授業のあったところが多いみたいですが。

 

そのかわり、次の日10月11日火曜日がなぜか全日休講日だったんです。

 

10月から毎週火曜日は学園祭の関係でサークルがあったので、アルバイトを入れてませんでしたが、この日はサークルもなくて急遽予定が皆無に。

 

車好きの僕は、暇だしドライブでも行くかなとぼんやり考えていました。

 

誰と行くかも、どこに行くかも全く決めてないのに。

 

ただ、なんかいつもと違う車に乗りたいなぁなんてことも頭の中に。。

 

 

5限の授業終了後(18:15ころ)、大学近くのトヨタレンタカーでスポーツカー86の空車を調べたところ、ATモデルは空車があるとのこと。

 

そこで、インターネットでWeb予約。

 

トヨタレンタカーさんの場合、Web予約は出発の1時間前まで受け付けているそうで、僕は当日(10日)の22時から借りる予約をしました。

 

いや~、その日の夜6時に予約を入れても、しっかり希望の車種が手配してもらえるって便利な世の中ですね。

 

ちなみに、今回初めて24時間フルに借りる形でレンタルしました。

 

今までは、営業所の開始時刻と同時に借り、終了時刻と同時に返す形で借りていましたが、その場合でもレンタカーは24時間分の料金が発生してしまいます。

(*営業所の営業時間によって異なります)

 

返す時間によっては12時間レンタルと1時間くらいしか変わらないのに、料金的には24時間分の金額になってしまうのは、なんかもったいない気もしますよね。

 

また、営業が始まる時間よりも、もっと早い時間から使いたいって方もいるでしょう。

 

そういう場合は僕のように、前日の終わりに借りてしまうのがいいと思います。

(または次の日の朝返し)

 

当日の朝バタつくこともありませんし、もちろん夜間(営業所の営業時間外)の料金は発生しません。

 

 

ということで、21:55ころトヨタレンタカーの営業所へ。

 

意外と同じようにこの時間から借りてく人たちが前に2,3組いました。

 

前の人の手続きが終わるのを待ちます。

 

待ち時間にレンタカーが置かれている広場を見ていたんですが、全然86が見つからない。

 

え、大丈夫だよな。。

 

ちょっと心配になりながら受付へ。

 

「10時から予約したタカです。」

 

「はい、タカ様ですね。今回86をご用意させていただいております。」

 

おぉ、よかったよかった。

 

 「只今お車の方こちらに持ってまいりますので、傷のご確認をご一緒にお願いします。」

 

先にいたカップルの出発を見送ったところで86が入ってきます。

 

f:id:rs10th:20161014160138j:image

 

おぉ!

 

外装を軽く見た感じでは、1番廉価グレードかなって思いました。

 

そして傷確認をしてサイン、乗り込む。

 

マニュアルエアコン、プッシュスタートレス、メッキの一切入っていないシフトノブとステアリング、そして、ハロゲンヘッドライト。

 

 あぁ、やっぱり廉価モデルだ。

 

マイナーチェンジ前のモデルでGグレードかな。

 

エンジン始動。

 

あ、この音、好きなやつだ。

 

座席とミラーを合わせ、さて出発。

 

え、アクセルどうなってんの、、?

 

暗くて吊り下げ式なのかオルガン式なのか見えない。

 

っていうか踏んでる感覚が今までにない感覚でよく分からない。

 

営業所を出てすぐの信号待ちのとき、スマホの懐中電灯であてて見たら吊り下げ式でした。

 

あ、スポーツカーだから重く出来てるのか!!

 

やっと理解しました。

 

いつも乗ってるフィットや今まで乗ってきた車は、みんな軽かったんです。

 

さぁ、この時点でまだ行く先も行く相手も決まってません。

 

午後10時20分。

 

さすがにこの時間から出かけるわけにもいきませんので、車を家まで持って行きます。

 

約1時間のインプレッション。

 

さっき言ったように、アクセルが重たいからなかなか慣れなくて、最初はちょっと強く踏み込んじゃうんですね。

 

そうすると一気に加速!

 

はえぇ

 

今までにない加速感です。

 

そしてマニュアルモードも試します。

 

シフトをDレンジから右横のMへ。

 

マニュアルモードを使うと、シフトアップ、シフトダウンのタイミングを自分で選びながら走行することができます。

 

正直マニュアル車よりは劣りますが、これのおかげでオートマモデルでも十分楽しむことができますね。

 

そんなこんなで、都内から家のある千葉県まで帰ってきました。

 

夜道は危ないので、86の性能はまだ全然試せていませんが、いつもより低いシートポジションや視点、アクセルの感覚など、どれも新鮮でおもろかったです。

 

家のガレージに駐車してっと。

 

あ、そうだ。

 

せっかくだし愛車と記念写真を撮ろう。

 

パシャ

 f:id:rs10th:20161015142622j:image

 

 う~ん、よい。

 

iPhoneで撮ったから画質は勘弁。

 

そして朗報。

 

やっと行く先と行く相手が決まりました~。

 

ということで、無駄なことしないで気持ち早めに就寝。

 

 

翌日

 

高校時代の友人と、山梨の温泉に入りに行くことにしました。

 

東武東上線中板橋駅で友人を拾い、国20号を山梨方面へ。

 

時間はたっぷりあったので、行きは下道、帰りは高速という形で行くことにしました。

 

分かる人は分かると思いますが、国道20号の調布あたり、狭いんですよね

 

無理やり2車線にしたような。

 

で、意外と86の幅がデカい。

 

1800ミリくらいあるのかな。

 

ボンネットも意外と長いし、シートポジションが低いおかげでボンネットの先まで見えないから、車幅がなかなかつかみにくい。

 

レンタカーなのだから気を付けなければ。

 

わりとしっかり走れるようになってきたのは、お昼を食べて午後に入ってから。

 

中央線の高尾駅を過ぎると一気に景色が変わり、山道に入っていきます。

 

ここからはマニュアルモードで。

 

ちょっと踏み込むと、スバル製ボクサーエンジンの音聞こえてきて、とても気持ちいい。

 

マニュアルと同じようにカーブの前でシフトダウンすると、ブリッピングしてくれて最高に気持ちいい。

 

これはオートマでも十分スポーツできますね。

 

山道をひた走り、山梨県は山梨市へ。

 

山梨市にある温泉、温泉好きの方だったらもうお気づきなのではないでしょうか。

 

そう、今回の目的地は

ほったらかし温泉です。

 

僕は今回で3回目くらいですが、飽きないんですね〜。

 

っとその前に、温泉のすぐ近くあるフルーツ公園で撮影会。

 

f:id:rs10th:20161015180001j:image

こちらが今回借りたトヨタ86。

 

f:id:rs10th:20161015180055j:image

内装はこんな感じ。

グレードが上がると、ステアリングやシフトノブにメッキなどが入り、オートエアコンになります。

 

f:id:rs10th:20161015180206j:image

メーター周り。

260キロまで刻まれているんですね。

だから、一般道を走行しているときは、針が下の方でちょろちょろ動いているだけです。

 

f:id:rs10th:20161015180323j:image

いわゆるドライバー目線ってやつ。

 

f:id:rs10th:20161015180404j:image

エンジンルーム。

けっこう大きいです。

 

f:id:rs10th:20161015180428j:image

そしてこちらがエンジン。

スバル製の水平対向ボクサーエンジンです。

下の方にSUBARUって書いてありますよね。

 

ここで時刻は午後4時。

 

撮影もほどほどにして温泉に向かいます。

 

さすが有名な温泉とあって、駐車場には県外ナンバーの車がぞろぞろ。

 

平日なのにすごいです。

 

ほったらかし温泉には、「あっちの湯」と「こっちの湯」という二種類の温泉があるのですが、今回は「こっちの湯」へ。

 

ちなみに料金はどちらも800円です。

 

有名温泉としてみれば、まあまあ良心的な値段と言えるんではないでしょうか。

 

この温泉の特徴はなんと言っても露天風呂。

 

とても大きな湯船からは、(晴れていれば)このように綺麗に街を一望できる上、富士山を見ることもできます。

f:id:rs10th:20161015181709j:image

*画像はインターネットから

 

この日の天気はあいにくの曇り。

 

山には雲がかかってしまい富士山を見ることは出来ませんでしたが、山梨の自然豊かな景色を十分楽しませてもらいました。

 

お湯は少しヌルッとした感覚のあるお湯で、温度は比較的低めです。

 

なので、景色を楽しみながらお喋りをしていても、すぐにのぼせてしまうってことはそんなにないような気がします。

 

気になったあなた、ぜひ下のリンクからチェックしてみてください。

ほったらかし温泉 ほーむぺーじ

 

 

さて、2時間ほど入り暗くなってきたので体を流して出ます。

 

気持ちよかった。

  

ということで帰路へ。

 

帰りは高速で。

 

って思ってたけど、高速だと思いのほか早く着いてしまうことに気づき、1つ分インターをかせぐことへ。

 

本来は中央自動車道勝沼インターが最寄りですが、1つ東京方面の大月インターまで下道で進みます。

 

山道を走ること1時間。

 

大月インター入口到着。

 

ここから中央自動車道で東京方面に向かいます。

 

さぁ高速インプレッションです。

 

料金所を通過して本線までは、規制速度どおり40キロで走行します。

 

そして40キロ区間が終わり加速レーンから本線へ。

 

アクセルを強めに踏み込む。

 

一気に加速。

 

アクセルレスポンスが半端なくいい!

 

じわ~っと回転数が上がる感じじゃなくて、一気に5000回転を超えてレッドゾーンに入る勢い。

 

すさまじい加速感に友人と苦笑い。

 

通常走行時もパワー感が常にあって、速度を一定に保つのにもとても運転しやすい。

 

 

行きは下道で4,5時間かかっていたのに高速は1時間半ちょっとで都内に。

 

早い。。

 

時刻は夜8時半過ぎ。

 

まぁ早めに返してもいいでしょう。

 

ということで、営業所近くのガソリンスタンドで給油。

 

あ、ハイオクガソリンやん。

 

今回の走行でガソリンはメーターのおよそ半分を消費しました。

 

燃費は1リッターあたり平均13キロで、スポーツカーとしてはいいと言えるでしょう。

 

そして返却。

 

さよなら86。

 

充実した1日が終了しました。

 

 

1日86を運転してみて

走りとスタイルに特化した「スポーツカー」は、様々なユーティリティという面が削ぎ落とされているために、便利さ快適さとは程遠くなっていますが、そこからくる非日常性は確実にドライバーの心を掻き立て、「楽しさ」と「喜び」に繋げてくれるものだと感じました。

 

みなさんも、たまにはいつもと一味違ったドライブしてみてはいかがでしょう。

 

 (今度はマニュアルモデルを借りてみようと思いました笑)

 

今回お世話になったレンタカー会社はこちら↓

rent.toyota.co.jp